FXの口座を開設する2つの方法とその流れ

FXの口座開設の方法は、2通りあります。紙媒体の申し込み書で口座を開設する事も可能ですが、多くの方々はWEBで申込しています。ちなみにFXのデモ口座は、開設スピードは比較的早いです。

紙媒体の申し込み書での手続き方法

FXは、一応は紙媒体で口座開設する事はできます。その方法ですが、まずはFXの業者から申し込み書を取り寄せるのです。たいていFX業者のサイトには、資料請求というフォームがあります。フォームに住所などを入力すれば、業者から郵送してもらう事もできます。
業者から申し込み書が届いたら、必要事項に記入してポストなどに投函する訳です。ちなみに口座開設の申し込み書を郵送する分には、たいてい郵送料はかかりません。郵送料金などは、FXの業者が負担してくれるからです。
そして業者の元に申込書が届いて、指定の審査が行われます。審査で特に問題ないと判断されれば、無事に口座開設が完了する訳です。

WEBで口座開設する手順

ところで上述の紙媒体の方法ですと、どうしても時間がかかってしまう傾向があります。というのも郵送物の場合は、業者の元に届くまでは数日ぐらいかかってしまうからです。基本的には、即日で業者の元に届く訳ではありません。
それよりも、むしろWEBがおすすめです。WEBで口座開設する手順ですが、まずは口座開設用のフォームにメールアドレスなどの情報を入力します。それと同時に、本人確認書類などを提出するのです。そしてFXの業者に、WEBでデータを送信します。
データを受け取ったFXの業者は、指定の審査を行います。特に問題ないと判断されれば、無事に口座開設は完了します。ただ開設した後には、IDとパスワードも受け取らなければなりません。そのパスワードの受け取り方法は、郵送限定になります。WEBではありませんから、注意が必要です。
ただし海外業者で口座開設する分には、パスワードをWEBで受け取ることもできます。

デモ口座を開設する流れ

ところでFXには、デモ口座もあります。バーチャルのお金を動かすための口座ですが、それを開設する分には数日もかかる事はありません。基本的には、当日中に口座開設が完了するのです。
というのもデモ口座の場合は、わざわざ書類を提出する必要はありません。パスワードも郵送ではなく、WEBで届けられるのです。当日中にパスワードが送信されてきますから、かなりスピーディーに口座開設を済ませることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です